コスト一覧

日本郵便がすべての切手を完全シール化すべき理由

アメリカ郵便公社の発行する切手は、100%完全シール化に移行完了しています。
上写真の通り、額面がたとえ1セント切手(約1円切手)であってもです。

一方で、日本郵便はいまだに一部の特殊切手しかシール化していません。
勿論、印刷コストの問題もあるでしょう。現在の水で湿らさなければ貼れない切手の方が、製造コストが安いわけです。

しかし、利用者側からすれば、いちいち切手を貼るたびに切手を湿らせて貼るという手間は省きたいと誰もが考えている筈です。

郵便事業は、実質、日本郵便が独占しているのですから、その利権=権利には当然、義務も表裏一体です。

排他的独占事業を営みながらコストばかり追求するのは如何なものかという事になります。実際、アメリカ合衆国の郵便公社は、コストを受け入れて利用者の利便性を追求しています。

日本は欧米と比較すると10〜20年遅れと言われる分野が多々ありますが、切手の完全シール化も、もう10年以上遅れているので、そろそろ進化して欲しいところです。

日本全国で今日一日だけで切手を湿らすという下らない生産性のロスを考えると、たかがシール化のコストなど如何に軽度かと言う事が理解できると思います。日本の労働生産性の向上の為、是非とも切手の完全シール化を望むところです。

このような小さいひとつひとつの効率化を考えなければ、今、日本が置かれている先進国最悪の労働生産性について問題解決はできません。


サイトの改善を KPI(key performance indicator)で評価する

システム開発には、当然コストが掛かります。仕様変更すれば確実にコストが掛かりますが、仕様を変えて効果がどうだったのか、その効果を測定することをKPIといいます。

サービス向上する為にサイトを改善しよう、表示の見せ方を変えてみよう。その意図は良いでしょう。しかし、コストを掛けて実際にユーザは増えたのか?そういう測定をしないとビジネスではなく趣味のサイトになります。指標はユーザ数の増減だけでなく、滞留時間やアナログ的にユーザからのクレームの数も指標とする場合もあるでしょう。買い物カゴが使いづらいというクレームを半減させるという目標設定もKPIになり得ます。どの程度のコストを投入してどういう結果を得るかを開発に着手する前に策定しておくのが大切なのです。