メリット一覧

ペーパー本より Kindle で読書する方が良くなってきた

メリット

・文字サイズを自分が読みやすいサイズに設定できる
・本棚スペースを節減できて部屋がスッキリする
・100冊の本でも外出時に持ち歩きできる
・どれだけ繰り返して読書しても本が劣化しないし日焼けもしない

デメリット

・読み終えた本を友人にあげたり貸したり出来ない

その他の特徴


書籍によって、Kindle でも縦書きと横書きがあるが、これは自由に選択させて欲しい。横書きか縦書きかは本来、印刷媒体ならではの制約であり、電子データの制約になってはならない。


段組みの有無は、設定可能なのは良いポイントだと思う。

段組みの有無の設定は「ページの見開き」項目に「自動」「見開き」とあるので、自動と設定する。

他にもフォントサイズ、ページ幅、明るさ、背景色などが選べる。(Mac用Kindle)


読み上げ機能も、寝る前の読書の時には良いだろう。
拙い日本語ではあるが、なんとか理解可能なレベルで読み上げてくれるので、目が疲れている時には助かる。


アクアエナジー100でエコ生活をはじめる

「アクアエナジー100」まるで飲料自販機で販売されているドリンクのようなネーミングですが、これ、東京電力の新サービスです。

従来の電気は、原子力・火力・水力などの発電がミックスされて家庭や会社へ配電されているわけですが、この新サービスは、水力発電100%保証・CO2排出量ゼロで配電してくれるというものです。

ただ、電気は無味無臭で、水力で発電した電気だろうが原子力で発電した電気だろうが、品質になんらの差もありません。理論上、水力発電100%を保証するというイメージ商品のようなものですね。

以下にざっくりメリット・デメリットを書きます。そんなに複雑なサービスではないので、シンプルです。

メリット

  • 再生可能エネルギーのサポートができて、意識の高いエコな人になれる
  • 尾瀬などで開催する自然体験の抽選に申し込める

デメリット

  • 電気料金がおよそ2割程度高額になる

というところです。心の余裕のある人、環境意識が高い人向けプランというところでしょうか。しかしながら、クリーンエネルギーの促進は日本だけでなく世界全体の問題でもあるので、社会貢献のひとつと考えてこのサービスを選択するのも良いと思います。一日一善の精神ですね。

ただ、店舗・会社の場合は、もっと効果的なメリットがあります。
「弊社では100%再生可能エネルギーを使っています」と言えるって宣伝効果ありますよね。今どき名刺に「再生紙を使っています」アピールなんかどの会社でもやっていてインパクトに欠けます。いち早く、うちの会社のすべての電力は再生可能エネルギーで社会貢献意識高いですよ!というアピールをしてライバル企業に差をつけてみては如何でしょう。

素晴らしいサービスだと思います。

アクアエナジー100(東京電力)
http://www.tepco.co.jp/ep/eco/plan/private/detail.html