UglifyJS 3 – JavaScript 軽量化 (難読化) 入門

JavaScript を難読化&軽量化したいならば UglifyJS 3 を使うのが便利です。
この記事では UglifyJS 3 の使い方をわかりやすく説明します。

オプション

-h, –help 使用法の情報を表示する。
使用可能なオプションの詳細については、「–help options」を参照してください。
-V, –version バージョン番号を表示する。
-p, –parse <オプション> パーサオプションを指定します。
`acorn` 解析にはAcornを使用します。
`bare_returns` 関数外でのリターンを許可します。
CommonJSを小さくする場合に便利です。
モジュールとユーザスクリプト
匿名関数のラップ(IIFE)
で指定します。ユーザー。jsエンジンの`caller`。
`expression` 単一の式をパースします。
プログラム(JSONのパース)。
`spidermonkey` 入力ファイルがSpiderMonkeyであると仮定する
AST形式(JSONとして)。
-c, –compress [オプション] 圧縮を有効にする/圧縮オプションを指定する
`pure_funcs’ 安全に実行できる関数のリスト
戻り値が
使用されない。
-m, –mangle [オプション] mangleの名前を変更/manglerのオプションを指定:
「予約済み」 削除してはならない名前のリスト。
–mangle-props[オプション]mangleプロパティを編集/manglerオプションを指定:
`builtins`重複するプロパティ名をマングル
を使用します。
`debug`デバッグ接頭辞と接尾辞を追加します。
「domprops」 重複するプロパティ名をマングル
と同じです。
`keep_quoted`mangleのみ