日本の科学技術研究が過去10年間で低下。他の先進諸国は増加

 文部科学省科学技術・学術政策研究所の調査で、日本の科学技術の研究論文数が、過去10年間で6%も減っていたことが明らかとなった。

 論文数が減少したのは欧米などの主要国の中では日本だけ。日本の科学技術分野の発展が鈍化していることが浮き彫りになった。

 各国の大学や研究機関の研究者が有力誌に発表した自然科学分野の論文数を、所属機関の国ごとに分類して計測した。日本は2013~15年の年平均論文数が6万4013本で、米国、中国、ドイツに次ぐ4位だったが、03~05年の年平均論文数6万7888本からは6%減少していた。

 米国、英国、フランス、ドイツ、中国、韓国の6か国の論文数は、同じ期間にいずれも増加していた。特に中国は323%増で4倍以上に、韓国は121%増で2倍以上になっていた。