ブラウザ一覧

Crome で閲覧サイトの SSL証明書を確認する方法

インターネットの通信内容を暗号化して、ユーザ端末と接続サーバ以外の第三者へデータ漏洩を防止するのが SSL暗号化通信の役目です。

SSL通信のWebサイトにアクセスすると、下図のようにブラウザのURLの左側に鍵マークが表示されます。


【参考】DigiCert社のサイト

以前は、鍵マークをクリックすると SSL証明書を確認する事ができましたが、最新版 Chrome では、何故かデフォルトで見ることが出来ない仕様に改悪されていました☹️

これでは不便なので、以下、Chromeで SSL証明書を確認する方法を書きます。

設定手順

1. Chrome の URLバーに下記を貼り付けます

chrome://flags/#show-cert-link

2.Show certificate link Mac, Windows, Linux, Chrome OS 欄 の「有効にする」をクリックします
※ 有効になっている場合は「無効にする」と表示されています

3.Chrome を再起動します

4.アクセスすると、今度は「証明書」が表示されているので「有効」をクリックします

5.証明書が表示されます。

以上、Chrome でSSL証明書を確認する手順を紹介しました。

それにしてもグーグルさん、できればデフォルトで証明書表示がオンの仕様に戻してくれませんかね?


日本の行政機関サイトのあるある「オレオレ証明書」

ブラウザで閲覧している際に、こんな表示があったら皆さんはどう思いますか?
これ、総務省系の公式サイトです。悪意の第三者にサイト乗っ取りされたわけではありません。
総務省だけでないのですが、どの日本の行政庁も、自作の電子証明書(通称:オレオレ証明書)をWebサイトに使っているのです。

きちんと電子的に信頼された証明書を使うか、オレオレ証明書を国際組織に申請して正規の証明書にして貰って欲しいものです。正直、先進国の行政機関でこれやっているのは我が国だけですから。

「オレやオレや、日本の官庁や!」で国際的、特に電子世界には通用しません。
下図のように、ブラウザからは思い切り怪しまれてしまって、安全なサイトと見なされていませんからね。


無料のオンライン画像エディタ「PIXLR」が凄すぎる!

結論から言います。この PIXLR で、もう Photoshop は要りません!
それどころか、アプリをインストールする必要さえありません。

このURLへ飛ぶだけで、直ぐに画像エディタが使えるのです。
https://pixlr.com/editor/

上記URLへ行くと、このような画面が表示されます。日本語も完璧ですね。

サインアップせずログインしていない状態でも、PIXLR はちゃんと使えちゃいます。
フィルター類も下の画像の通り、Photoshop と遜色ありません。

使っている内に、これがブラウザで動作している事を忘れてしまいます。
なお、PIXLR は、Googleドライブから起動することもできます。
画像ファイルの上で右クリックし「アプリで開く」を選択します。

Photoshop など、アプリをインストールすると数百MBのストレージ容量を占有されてしまいますが、このツールなら、インストールは必要ないし、占有ディスクスペースも必要ありません。最近のMacやノートPCはSSDタイプが増え、ハードディスクよりも容量が小さかったりするので、思い切って Photoshop をアンインストールして、空き容量を増やしてみては如何でしょうか?


WebページのCSS定義箇所を特定する方法

Chromeの場合

  1. ブラウザに調べたいWebページを表示します
  2. (Mac) Cmd+Opt+I、(Windows) Ctrl+Shift+I を押すと、インスペクタウィンドウが開きます
  3. 画面左下のソースコード上で調べたい箇所をクリックします
  4. 画面右下の矢印「Computed」をクリックします
  5. 矢印「Show all」をクリックします
  6. その下に各CSS要素が表示されます。薄い文字はデフォルトのまま、特に指定されていないことを示し、CSSで指定した要素についてはどのファイルのどの行で指定されたかが表示されます