国会議員の資産を確認する方法

政治倫理の確立、不正防止を目的に、国会議員の資産が国民に開示されています。清く正しい政治には必要なことで、民主主義を採用している先進諸国に於いて政治家の資産状況の開示は世界的な常識となっていて、もちろん日本でもきちんと開示されています。

ただ、この開示情報はどうやって知ることができるのだろうかと思ったことはありませんか?そこで今回、再確認をしてみましょう。

まず国会議員と一言に言っても、我が国では参議院と衆議院の二院制となっていますね。それぞれ開示されています。

開示方法やその要領は法律に則ることになるので法律から考えてみると、
「政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開等に関する法律(平成四年法律第百号)」
で定められているのが分かります。

政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開等に関する法律
電子政府の総合窓口(e-Gov)。法令(憲法・法律・政令・勅令・府令・省令・規則)の内容を検索して提供します。

そして、第七条を読むと、国会議員だけでなく、政令指定都市の市議会議員、県知事、市町村長も資産開示の対象であることがわかります。

第七条 都道府県及び地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百五十二条の十九第一項の指定都市の議会の議員並びに都道府県知事及び市町村長(特別区の区長を含む。)の資産等の公開については、平成七年十二月三十一日までに、条例の定めるところにより、この法律の規定に基づく国会議員の資産等の公開の措置に準じて必要な措置を講ずるものとする。

では実際に、我々国民はどのように開示情報に辿り着けるのか?

衆議院の場合、ホームページでその方法が分かりやすく提示されていました。

衆議院議員の資産等報告書等の閲覧案内

閲覧場所に訪問すれば開示情報を見ることができるとのこと。閲覧場所は永田町の議員会館です。

衆議院第一議員会館
資産等報告書等閲覧室
東京都千代田区永田町2-2-1 地下1階  庶務部議員課内

閲覧できるのは原則、平日9時半〜17時半(12〜13時は休憩時間)です。

電車での行き方は、
千代田線・丸ノ内線で「国会議事堂前駅」(1番出口)もしくは、銀座線・南北線で「溜池山王駅」(5番出口)

地図は公式より引用させていただきます。

資産等報告書等閲覧室案内図

参議院の資産開示

議員の資産等報告書等の閲覧:参議院

参議院の場合も衆議院と基本同じです。

参議院議員会館
東京都千代田区永田町2-1-1
地下2階 資産等報告書等閲覧室(資産公開室)

政治家の資産公開は、政治の適正化の一環で行われている制度です。有権者として政治の適正化に寄与することにもなるので、一度、閲覧に足を運ぶのも良いかも知れませんね。

閲覧はもちろん無料です。
議員会館に入館する機会もなかなかありませんから、貴重な体験になると思います。永田町周辺の観光のついでに立ち寄るのもオススメですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする