アドセンス広告が社会貢献になる理由

Webサイトにアドセンスなどのバナー広告を貼ることを、ネガティブに捉える人も居ると思うので、そんなことないよという話をします。

世の中は経済で回っています。広告媒体は、ネットだけでなく、新雑ラテと電通で呼んでいたように、ネット以前の時代から新聞、雑誌、ラジオ、テレビ広告から、交通(電車・バス)、ビル看板・ネオンサインなどの屋外広告などあります。

そもそも広告とはなんぞやと言うと、人と人とのマッチングが基本です。BtoCだけでなくBtoBの場合もあるので会社と会社とも言えるとして、会社も結局、会社の中に居る人が動かなけれな何も動かないので結局は人。なので人と人です。

広告媒体は人と人とを繋ぐ為に存在するのだから、媒体を掲載している人は、人と人とを結ぶという貢献をしているわけです。その対価を貰う事に何ら疚しいことはありません。

戦後間もない頃、電車内の広告なんて無かったのです。その後、日本は高度成長期を迎え、必然的に街中の広告も多くなります。電車内の広告もビッシリ埋まってきました。そのうち中吊りまで登場しました。もう電車の車内は鬱陶しいほど広告だらけです。でも、通勤電車で広告が張り巡らされて当然の現代人は、もう見慣れてしまい日常の風景に溶け込んで鬱陶しいと思う事もありません。寧ろ通勤地獄の中、せめて中吊りでも読める事が救いになっていたりさえします。その中で、これはと思う中吊り広告を発見して購買したりする事も多いです。売りたい人と買いたい人を出会わせてあげれたのは広告のお陰です。購入者はその商品・サービスを得て、少しだけ幸せになったでしょう。

広告とは、人をちょっとだけ幸せにするものと考えてみてはどうでしょうか?
なので、どんどんWebサイトには広告を貼ってください。それが人々の幸福に貢献しているわけですから。広告を貼る行為は社会への貢献でもある素晴らしいことなのです。勿論、広告媒体の所有者にも経済効果があるので三方良しで三者全員が幸せなのですから、言う事なしです。