最安 VPS (Virtual Private Server) の料金スペック比較

最低月額コストが安い順一覧

名称 月額 初期費用 ストレージ メモリ CPU 追加 IP
Vultr $2.50  0  20GB 0.5GB 1コア $2.00
Linode  $5.00  0  20GB 1.0GB 1コア $1.00
DigitalOcean  $5.00  0  20GB 0.5GB 1コア 未対応
GMO ConoHa  ¥630  0  20GB 0.5GB 1コア ¥350
さくらのVPS  ¥685  ¥1,080  20GB 0.5GB 1コア 未対応

※ 上表の「追加IP」は、1サーバに複数IPを設定したい場合のことなので、通常の1サーバ1IPでの運用時には追加不要です。

Vultr は、上記リスト中では一番新しいサービスです。
サーバリージョンは、日本(東京)、シンガポール、ロンドン、フランクフルト、パリ、アムステルダム、シドニー、アメリカ合衆国は西海岸から東海岸まで8都市という充実のリージョンを配置しています。

支払い方法は、クレジットカードの他にペイパル、ビットコインまで可能とのこと。
最近は、AWS や GCP、Azure などクラウドプラットフォームが主流となっていますが、選択肢は多いに越したことがありません。用途によっては VPS を利用するケースもあるでしょう。

以下、それぞれのサービスの料金表を示します。サーバを立てる際の参考にどうぞ!

※ Vultr は日本国内のユーザの場合、消費税8%が掛かります。

最新の Windows Server 2016 も使えます。月16ドル。

その他、豊富な ISO ライブラリも用意されています。
それだけではなく、もし手持ちの Windows ライセンスがあるなら、「Upload ISO」から自分でISOをアップロードしてインストールする事も可能です。Windows 10 でも可能だと思いますが、ネットで事前にリサーチしてくださいね。Vultaで用意されているWindows Server インスタンスを使うと、毎月16ドルの追加料金が課金されますが、手持ちのライセンスで使うなら、ディスクスペースだけ借りて ISO アップロードしてインストールすれば、この16ドルを節約する事が可能です。これは Vulta だけでなく、どの VPS プロバイダでも同様です。

ブロックポートは下記の通りです。

・サポートに依頼すれば解放されるポート
TCP/25

・サポートに依頼しても解放不可なポート
TCP & UDP/17
TCP & UDP/19
TCP & UDP/1900
UDP/53413

そもそも VPS とは?

既にこのページへ飛んで来ている読者諸兄の皆さんには、今更VPSの解説は不要と思いますが、一応、説明すると、VPS とは Virtual Private Server の略称で、日本語では「仮想専用サーバ」といいます。

仮想専用サーバとは、文字の通り、仮想的(論理的)に独立した専用サーバっぽく使えますよというもので、VPSをレンタルしている管理者から見て、物理的に独立して立てたサーバと同じ気分で使えます。OSも何でもインストールできるケースもありますが、どのプロバイダも数クリックで簡単にOSインストールできる機能を提供しているので、それほど専門知識は要りません。Linux であれば、当然、root 権限が使え、自由に MySql や WordPress から、メールサーバなどもインストールできます。

では、ロリポップなどの共用レンタルサーバと、何が違うのか?
先ず、root 権限がレンサバでは持てません。という事は、勿論、OSインストールもできないし、プロバイダが用意しているアプリケーションしかインストールできません。例えばロリポップの一番安い料金プランだと WordPress が使えませんね、VPS であれば、管理者権限が付与されているので、そういう制約が一切ありません。独自ドメイン数も共用レンタルサーバでは上限が決められていますが、VPS であれば無限(ハードウェアが耐えられるまで)です。管理者権限が無いパワーユーザーレベルの権限で使うのが共用レンタルサーバです。

共用レンタルサーバのメリットは、VPS よりもさらにサーバ知識が無くても使える事と、サーバメンテナンスをプロバイダに任せる事ができる事です。VPS の場合、OSのバージョンアップなどのメンテナンスは自分でやる必要があります。ただ、自分でバージョンアップできるという事は、最新のOSやアプリケーションを使えるというメリットがあります。共用レンタルサーバの場合は、プロバイダが提供してくれるまで最新バージョンはお預けになります。

しかし VPS の場合は、Linux をコマンドラインで操作できないと、使うことは困難です。逆に言えば勉強になるという事です。Linux はディストリビューションによって多少の方言はありますが、基本的には応用が利きます。月250円程度でサーバが使える時代になって有り難いことですね。

AWSの料金は?

AWSの場合、1時間単価で複雑な料金体系なので、VPSや共用レンタルサーバのように毎月◯◯円ポッキリ!とはならないのですが、一例として考えてみます。

ECC (インスタンス) Linux t2.micro ($0.012 x 744時間) $8.93
EBS (ストレージ) SSD (gp2) 20GB $2.00
合計 $10.93

最低金額が上記の金額なので、VPS よりも若干高めですね。AWSのメリットはスケールのしやすさにあるので、用途によって使い分けですね。

国内 VPS

さくらのVPS

GMO ConoHa

海外 VPS

Vultr

Linode

DigitalOcean


ビットコインの購入方法

bitFlyer (ビットフライヤー)の場合

ビットコインを購入する場合、自分の銀行口座から、一旦、bitFlyer の円口座へ入金する必要があります。

送金手数料は、勿論、自己負担なので、仮に送金額を10万円とすると、この時点で通常他行扱いで432円程度の費用が発生するという事になります。

送金手段は、ペイジー、コンビニなど銀行口座以外からも可能で、それらの入金をクイック入金といいますが、この方法で入金した場合、7日間資金移動が不可能とのこと。

そして、クイック入金は手数料が1回あたり 324 円掛かります。

さらにクレジットカード(VISAとマスターカード)で直接購入することもできます。この場合でも自前の銀行口座の登録は必要で、IDセルフィー(免許証などの身分証明証を手に掲げて本人の顔を含めて自撮りする)の画像もアップロードする必要があります。

但し、クレジットカードでのダイレクト購入の場合、特別レートでの換金となるのも注意する必要があります。

上記画像の場合、相場は 1BTC=480,703円 ですが、
カード換金レートだと、約0.91BTCになっています。つまりカードでの換金手数料が約8.6%掛かっているという事になります。仮に10万円の場合、8,600円もの手数料となるので、安くはないでしょう。そのうえ、カード購入したビットコインは、1週間売却できないので、そのリスクも考慮する必要があります。

逆に bitFlyer から資金を引き出す場合も手数料が掛かり、仮に10万円の場合 756円(三井住友銀行宛は432円)となっています。

 


日本の科学技術研究が過去10年間で低下。他の先進諸国は増加

 文部科学省科学技術・学術政策研究所の調査で、日本の科学技術の研究論文数が、過去10年間で6%も減っていたことが明らかとなった。

 論文数が減少したのは欧米などの主要国の中では日本だけ。日本の科学技術分野の発展が鈍化していることが浮き彫りになった。

 各国の大学や研究機関の研究者が有力誌に発表した自然科学分野の論文数を、所属機関の国ごとに分類して計測した。日本は2013~15年の年平均論文数が6万4013本で、米国、中国、ドイツに次ぐ4位だったが、03~05年の年平均論文数6万7888本からは6%減少していた。

 米国、英国、フランス、ドイツ、中国、韓国の6か国の論文数は、同じ期間にいずれも増加していた。特に中国は323%増で4倍以上に、韓国は121%増で2倍以上になっていた。


無料のオンライン画像エディタ「PIXLR」が凄すぎる!

結論から言います。この PIXLR で、もう Photoshop は要りません!
それどころか、アプリをインストールする必要さえありません。

このURLへ飛ぶだけで、直ぐに画像エディタが使えるのです。
https://pixlr.com/editor/

上記URLへ行くと、このような画面が表示されます。日本語も完璧ですね。

サインアップせずログインしていない状態でも、PIXLR はちゃんと使えちゃいます。
フィルター類も下の画像の通り、Photoshop と遜色ありません。

使っている内に、これがブラウザで動作している事を忘れてしまいます。
なお、PIXLR は、Googleドライブから起動することもできます。
画像ファイルの上で右クリックし「アプリで開く」を選択します。

Photoshop など、アプリをインストールすると数百MBのストレージ容量を占有されてしまいますが、このツールなら、インストールは必要ないし、占有ディスクスペースも必要ありません。最近のMacやノートPCはSSDタイプが増え、ハードディスクよりも容量が小さかったりするので、思い切って Photoshop をアンインストールして、空き容量を増やしてみては如何でしょうか?


国際宇宙ステーション(ISS)内をストビューで見る

Googleストリートビューで国際宇宙ステーション(ISS)内が見れるようになりました。

勿論、マウス操作で宇宙ステーション内を自由に移動することができます。
一般の人が滅多に入る機会の無いISSの内部を見れるのは嬉しいですね。

リンクはこちらからどうぞ。
https://goo.gl/maps/JaAQesWRkUJ2

 


リーマンショック におけるアマゾン株価への影響

株投資の際に気になるのが、 リーマンショック などのような株価暴落です。
では実際に、リーマンショック発生時の株価の動きを考えてみましょう。

アマゾン(AMZN)の株価を見てみます。

リーマンショックは、2008年9月15日に発生したので、上図の左手に2008年9月をマーキングしています。アマゾンの場合、それ以前もそれほど好調ではありませんでしたが、明らかにリーマンショックの影響を受けているのが分かると思います。

2008年9月時点で 72.76 ドルの株価はリーマンショックで下落し、同年11月には最安値 42.70 ドルまで下がります。しかしその後は上昇に転じ、翌年3月にはリーマンショック以前の水準を上回る 73.44 ドルとなりました。

つまり、リーマンショックで狼狽売りをせず放置していれば、6ヶ月で元通りになったということです。今回、アマゾン株をサンプルとしましたが、アップル(AAPL)やマイクロソフト(MSFT)株をはじめ、さらにはIT株以外など他の株価も同様の動きとなっています。

株を始めたいけど、株価暴落が怖いという漠然とした恐怖心を誰もが持っているものですが、実際に調べてみると、実はそんなに怖がる必要が無かったりします。勿論、今後、リーマンショック以上の株価暴落があるかも知れません。あくまでも過去に起こった事の考察という事で。

そして、このここでの事例の通り、直近1年程度に必要となるであろう資金まで投資する行為こそハイリスクな事であると言えます。タイミング的に暴落中に株を売らなければいけない必要性に迫られれば損して終わりです。資産投資はあくまでも余剰資金の範囲内でするのが常識であり王道でしょう。

ただし、この回復の速さはあくまでも米国株だからこそであり、打たれ弱いと言われる=良く言えば”繊細”な日本経済ではそうはいきません。

NIKKEI 225すなわち日本の主要企業225社の平均を取った日経平均株価のグラフですが、やはり2008年9月を境に株価が暴落しています。米国では僅か2ヶ月で回復傾向となりましたが、日本の株価はそうやすやすとはならず、リーマンショック以前の株価に回復したのが、2013年4月ですから、4年7ヶ月=55ヶ月もの長い期間が必要でした。

こうなると、先程書いた直近1年間必要となるであろう資金は投資しないという前提が、直近5年間必要となるであろう資金は投資しないという事になるのです。
米国株への投資と日本株への投資には、このような市場の特性の違いもあることも考慮しなければいけないと思います。


SSH接続のキーペアの作成&更新(最新の 4096 bit RSA 版)

従来、SSHキーは 2048 bit での作成が主流だったので、現在もそのまま使い続けている人が多いと思いますが、セキュリティ上そろそろ 4096 bit へアップグレードしておくと良いでしょう。その手順を紹介します。置き換えだけでなく、新たにSSHを設定する際も下記と同じ手順です。

先ず 4096 bit RSA キーの作成方法ですが

$ ssh-keygen -b 4096

これをコマンドラインで実行します。質問される項目は、ファイル名とパスフレーズ(&再入力)の2種類だけです。基本はどちらもエンターで良いでしょう。

$ ssh-keygen -b 4096
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/foo/.ssh/id_rsa): (エンター)
Enter passphrase (empty for no passphrase):(エンター)
Enter same passphrase again:(エンター)
Your identification has been saved in id_rsa.
Your public key has been saved in id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
SHA256:uqWzrNSC89DAAKBu9xL4yGzR//+n5zW+CRYkkZ6smqo foo@local
The key's randomart image is:
+---[RSA 4096]----+
|+          ..    |
|o          ..    |
|o         o...   |
|.oo        +o    |
| =o+    S .  .   |
|+ =++. . .    .  |
| =+o+oo +    o o |
|.  =.oo*    .o+ o|
|   E+o*+...o=. +.|
+----[SHA256]-----+

これで、秘密鍵(id_rsa)と公開鍵(id_rsa.pub)のキーペアがホームディレクトリ下の .ssh ディレクトリ内に作成されているはずです。

次に作成した公開鍵を ssh-copy-id コマンドで、サーバ側のホームディレクトリの .ssh ディレクトリへコピーします。

$ ssh-copy-id -p 22 -i ~/.ssh/id_rsa foo@server

各自の変更箇所ですが “-p 22” はサーバ側のSSHで使用しているポート番号です。
(注:デフォルトでは 22/TCP を使うのですが、そもそもこのポート番号はセキュリティ上、変更しておくほうが良いでしょう)

次に “foo@server” の部分もユーザ名@サーバ名(IPアドレス)に置き換えてください。

コマンドを実行すると、サーバログイン時のパスワードを求められます。パスワードが認証されると公開鍵がサーバの .ssh ディレクトリへコピーされ、これで、ログインできる準備は整いました。

$ ssh -p 22 -i ~/.ssh/id_rsa foo@server

これでログインできる筈です。-p と -i オプションは省略可能なので、適時省略してください。

最後に注意点として、秘密鍵はサーバへコピーしないでください。そして秘密鍵は必ずバックアップを取っておきましょう。紛失したら管理者の作業が必要となるし、あなたが管理者ならばサーバにログインできなくなって一大事です。

ちなみに、今使っているキーペアが 2048 bit なのか 4096 bit なのか分からん!という方へそれぞれの公開鍵の例を示します。4096 bit の方はこれだけ長いので、短いなと思ったら更新しちゃいましょう。そもそも既に 4096 bit だったとしても、定期的にキーペアを変更するのがセキュリティ的にオススメです。

2048 bit RSA 公開鍵の例

ssh-rsa BBAAB3NzaC1yc2EAAAADAQABAAABAQCsbWBUOHkOKzXmqWVlWTWbGgU5ckeqJJaCUiOEvc0yyjjYCdfJozQts69OsYbIT/obRmDfyYK/8enmI9fD34Q0GAC2/0r8dMVVaO13X6iew6ETQIT6HM7v+Y+IqkYx5B+hWOtw7JGZ/eWd5gCn0N7w3OLFmwnmxEFKo0KoaHEzRRIUvMwTlSrxLYT3AB3T3E7WxVGX+F7M1cDpmXDsJKPU6ZI7W4XqZlQn2mxoKInbVDSv1c5RWz92lBaUPSvIFL0DXfS1kR94GB6RYb1RSOfoz9bAioBcXVmfTJ0GshxgMdRB5mrDrBlROzsLm4fHYNAXB2gT0nFaWhfaE0liCWTh foo@local

4096 bit RSA 公開鍵の例

ssh-rsa AAAAB3NzaC1yc2EAAAADAQABAAACAQC5pk1MuSJGQ8tdlRO+b0IHLMSwMH4uI9RWsUPWSbcJ6n8SqI452hdj9i0YZvC6H0Pmwh/4uIlTGaeSE4ZxCMEi6hAPkl87EqLAUho/0lsBPiA+n1eas5PwbSRYVnB2vFEx/L/MTjaCXELFtS5qvTN4GPGHw7WJAKXzjnTGNbmU7QGjHBSL/5k7szZrVMq7k7pmglBUTzUDwoChA3ZPGP/91kBXfffMZwJzW4tYHPMSFX/uVz00nwCzqayNLF3wOzWG0/l5IvcefadXWSj2kip2d4/2Sjg22qCEVpsjofyEfUO/5+FN5Nq88KZUtxZ9jEoxXOUtBmk4t1CVek+rLgvqzPGRiKpVSV9zVZE1M0QKuKbzhz7QtX8Ip7CRyahZ4tJAL/cX0YkLqFbxS6owHKKihS5FCXQSWSw5qHlzQ//b0HfQGHYwFyAkUKCaBLD7anm06QtwpRLuCGzCpOfBNa7+OSs3UVARvKU7GdZ5KVGnCiLCb5UxhtWw84uSACG0d08SdJPQmfO8/W/N+PX0MZfRCW82maM0aa8/75+HlRsPc+lu8+evw1MBNpyI5vKOMsUTERw2yEz7dGNGN988Jd23atjBnq33QWkkw6yxK3eO0AJMcJ01mSwLLG4dPg00HSZ8HOuOmrgU2HHCjF+YazQ0UreWLxFMxnhNtGYE+lIvyQ== foo@local

 


アクアエナジー100でエコ生活をはじめる

「アクアエナジー100」まるで飲料自販機で販売されているドリンクのようなネーミングですが、これ、東京電力の新サービスです。

従来の電気は、原子力・火力・水力などの発電がミックスされて家庭や会社へ配電されているわけですが、この新サービスは、水力発電100%保証・CO2排出量ゼロで配電してくれるというものです。

ただ、電気は無味無臭で、水力で発電した電気だろうが原子力で発電した電気だろうが、品質になんらの差もありません。理論上、水力発電100%を保証するというイメージ商品のようなものですね。

以下にざっくりメリット・デメリットを書きます。そんなに複雑なサービスではないので、シンプルです。

メリット

  • 再生可能エネルギーのサポートができて、意識の高いエコな人になれる
  • 尾瀬などで開催する自然体験の抽選に申し込める

デメリット

  • 電気料金がおよそ2割程度高額になる

というところです。心の余裕のある人、環境意識が高い人向けプランというところでしょうか。しかしながら、クリーンエネルギーの促進は日本だけでなく世界全体の問題でもあるので、社会貢献のひとつと考えてこのサービスを選択するのも良いと思います。一日一善の精神ですね。

ただ、店舗・会社の場合は、もっと効果的なメリットがあります。
「弊社では100%再生可能エネルギーを使っています」と言えるって宣伝効果ありますよね。今どき名刺に「再生紙を使っています」アピールなんかどの会社でもやっていてインパクトに欠けます。いち早く、うちの会社のすべての電力は再生可能エネルギーで社会貢献意識高いですよ!というアピールをしてライバル企業に差をつけてみては如何でしょう。

素晴らしいサービスだと思います。

アクアエナジー100(東京電力)
http://www.tepco.co.jp/ep/eco/plan/private/detail.html


自宅の郵便受けは差し出しポストを兼ねている

アメリカ郵政公社が昔から提供しているサービスですが、自宅の郵便受けは郵便を差し出すポストも兼ねているのです。

こう言ってもほとんどの日本人にはピンと来ないでしょう。えっ、どういうコト?郵便物が混在するじゃん。とか。

仕組みはこうです。映画などでアメリカの郵便受けを見たことがある人も多いと思いますが、郵便受けの横に「旗」がありませんか?そう、この旗がポイントなのです。郵便配達員は、配達する郵便物が無ければ、その家の郵便受けは当然、素通りします。ところが、差し出したい郵便物がある場合、自宅の郵便受けに差し出す郵便物を入れ、旗を立てるのです。すると、郵便配達員が「おっ、フラグが立ってる」と気付いて、そこに入っている郵便物を持って行ってくれるのです。取り出したら郵便配達員が旗を下ろしてくれるので、遠目から持って行ってくれたのを確認する事もできるという、アナログながらとても合理的なシステムになっているのです。

勿論、アメリカでも郵便ポストは至る所にありますが、自宅の郵便受けが一番近くて便利なポストなのですね。ちなみに、集合住宅はどうするんだ!と疑問が湧くと思いますが、集合住宅の場合、集合郵便受けにアウトゴーイングの差し出しポストが漏れ無く付いているのでご安心ください。

アメリカ郵政公社は、他にも日本の郵便にはない様々なサービスを提供しているので、また気が向いたら記事にしますね。


WebページのCSS定義箇所を特定する方法

Chromeの場合

  1. ブラウザに調べたいWebページを表示します
  2. (Mac) Cmd+Opt+I、(Windows) Ctrl+Shift+I を押すと、インスペクタウィンドウが開きます
  3. 画面左下のソースコード上で調べたい箇所をクリックします
  4. 画面右下の矢印「Computed」をクリックします
  5. 矢印「Show all」をクリックします
  6. その下に各CSS要素が表示されます。薄い文字はデフォルトのまま、特に指定されていないことを示し、CSSで指定した要素についてはどのファイルのどの行で指定されたかが表示されます