WebページのCSS定義箇所を特定する方法

Chromeの場合

  1. ブラウザに調べたいWebページを表示します
  2. (Mac) Cmd+Opt+I、(Windows) Ctrl+Shift+I を押すと、インスペクタウィンドウが開きます
  3. 画面左下のソースコード上で調べたい箇所をクリックします
  4. 画面右下の矢印「Computed」をクリックします
  5. 矢印「Show all」をクリックします
  6. その下に各CSS要素が表示されます。薄い文字はデフォルトのまま、特に指定されていないことを示し、CSSで指定した要素についてはどのファイルのどの行で指定されたかが表示されます

ランサムウェア被害総額を知る方法と犯人像

世界で感染が確認されているランサムウェア(WannaCry種)、日本国内でも日立製作所、JR東日本、イオンなどで感染が報告されています。

そもそもランサムウェアというのは、パソコンのデータを人質に取り、身代金と引き換えに解放するというものです(本当に解放するかどうかは犯人次第ですが)。コンピュータウイルスというのは、所詮はプログラムなので、作者の発想次第でどのようにもできるのですが、今回の WannaCry に関しては、感染したサーバのデータを勝手に暗号化してしまうので、暗号化をした鍵が分からなければ元に戻せないし、鍵が分かれば暗号化は復号できるわけです。

人質犯にとって、一番の難所は金銭の授受です。これはアナログ犯罪だろうがデジタル犯罪だろうが変わりませんが、今回、身代金の支払いに Bitcoin を指定しています。実は Bitcoin は受け取った人が何処の誰だか分からなくできるのです。と言うより分からないのがデフォルトの仕様です。最近はIT専門外の一般の人でも Bitcoin を売買する事が多くなりましたが、そういう人々は勿論、取引所に情報があるので捜査当局になら身元は直ぐに判明します。しかし、悪さをする人々はアシがつかないよう”安全”に受け取れるわけです。

しかしこれもまた Bitcoin の特性で、全ての取り引きは公開情報なので、今回のWannaCryでうっかり身代金を払った人たちのトランザクションも丸見えなのです。

例えば本記事上の実際に感染した画面に表示されている Bitcoin アドレスの場合、このリンクでトランザクションが参照可能です。

Blockchain.com Explorer | BTC | ETH | BCH
The easiest and most trusted transaction search engine and block explorer.

15日現在で 11.47 BTC なので、売却ベース円換算で約235万円というところです。
身代金のアドレスは、上記の他に幾つか複数あるので、被害額はもっと多いことになります。
被害に遭った方は、くれぐれも身代金を払わないようにしましょう。

ちなみに、この犯人の論理破綻している部分は「解放して欲しくば300ドル寄越せ」と画面上で要求していて、タイマー設定されて最初の時間を過ぎれば金額が上がる仕組みも見て取れます。しかしドルで指定して Bitcoin で払えっておかしいでしょう?一箇所、論理の破綻を見つけたなら、そこから紐を解くことが出来ます。
Bitcoin の対ドル相場は常に変動しているし、そもそも相場はそれぞれの取引所で決めているだけなので、標準相場なんてこの世に存在しないのです。
つまり、身代金の額は管理されていないという事が解ります。勿論、身代金を払ったところで犯人から鍵情報の連絡がある筈もありません、そんな事をすればアシがついて捕まるのですから。なので解放はオフラインの自動処理でしょう。さらに1円払っても100万円払っても同じ処理結果にしてあるでしょう。犯人はグループである可能性は否定できませんが、このロジカル思考力の程度からすると学生くらいの年齢のプログラマが一名、他にもしかしたらアシスタントが居る程度でしょう。

1円払っても解放される可能性はありますが、それでも犯人に屈して身代金は払ってはいけません。


Ionic を iPhone 実機で実行してみよう

事前準備

npm がインストール済みである必要があります。npm に関しては別ジャンルなので本稿では扱いません。

手順

1.Cordova をインストールします

$ sudo npm install -g cordova

2.Ionic をインストールします

$ sudo npm install -g ionic

3.iOS への展開ツールをインストールします

$ sudo npm install -g ios-deploy

4.プロジェクトを作成します

$ ionic start todo blank

実行結果

✔ Creating directory /Users/user/todo - done!
Fetching app base (https://github.com/driftyco/ionic2-app-base/archive/master.tar.gz)
✔ Downloading - done!
Fetching starter template blank (https://github.com/driftyco/ionic2-starter-blank/archive/master.tar.gz)
✔ Downloading - done!
✔ Updating package.json with app details - done!
✔ Creating configuration file ionic.config.json - done!
Installing dependencies may take several minutes!
> npm install
✔ Running command - done!
> npm install --save-dev --save-exact @ionic/cli-plugin-ionic-angular@latest
✔ Running command - done!
> npm install --save-dev --save-exact @ionic/cli-plugin-cordova@latest
✔ Running command - done!

♬ ♫ ♬ ♫  Your Ionic app is ready to go! ♬ ♫ ♬ ♫

Run your app in the browser (great for initial development):
  ionic serve

Run on a device or simulator:
  ionic cordova run ios

Test and share your app on a device with the Ionic View app:
  http://view.ionic.io

? Link this app to your Ionic Dashboard to use tools like Ionic View? Yes ※要入力

You will need to login in order to link this app. Please run the following commands to do so.
  ionic login - login first
  ionic link - then link your app

Go to your newly created project: cd ./todo

「※要入力」でIonicのダッシュボードに追加するかを問われるので、Y としておきます。

5.作成されたプロジェクトディレクトリへ切り換えます

$ cd ./todo

6.ブラウザで実行してみます

$ ionic serve

7.iOSシミュレータで実行してみます

$ ionic cordova emulate ios

iPhone実機で実行する

上記の通り、ブラウザやシミュレータで動かすのは比較的簡単に進められたと思います。しかし、手持ちのiPhone実機で動作させるのは、一手間必要になります。以下に手順を記します。

1.six をインストールします

既にインストールしてあればスキップして手順2へ進んでください。

$ pip install six

2.利用可能ターゲットを確認します

$ cordova run ios --list
Available ios devices: ←利用できる実機のリスト
2da1860a89c26039aabc864089d99c1cc24dd00a iPhone
Available ios virtual devices: ←利用できるシミュレータのリスト
iPhone-5, 10.3
iPhone-5s, 10.3
iPhone-6, 10.3
iPhone-6-Plus, 10.3
iPhone-6s, 10.3
iPhone-6s-Plus, 10.3
iPhone-7, 10.3
iPhone-7-Plus, 10.3
iPhone-SE, 10.3
iPad-Air, 10.3
iPad-Air-2, 10.3
iPad-Pro--9-7-inch-, 10.3
iPad-Pro, 10.3
Apple-TV-1080p, tvOS 10.2
Apple-Watch-38mm, watchOS 3.2
Apple-Watch-42mm, watchOS 3.2
Apple-Watch-Series-2-38mm, watchOS 3.2

このように、現環境で利用できる実機やシミュレータを確認することができます。実機が認識されている事を確認してください。

3.Xcodeを開きます

/Users/user/todo/platforms/ios/MyApp.xcodeproj
というファイルが作成されているので、それをXcodeで開きます。

4.コード署名を設定します

通常のアプリ開発の通り、コード署名をしないと実機にアプリをインストールできないので、設定します。
コード署名の設定をしたら Xcode を閉じてください。

5.コンパイル&実行します

$ cordova run ios --device

コンパイルが完了すると、自動的に実機で実行されます。

以上、取り敢えず簡単に実機で Ionic を実行する手順を紹介しました!


まだウェブ検索にグーグル使ってるの?

長らくググっていた皆さんへ新たに選択肢が増えました。ここのところ話題のサーチエンジン「ダック・ダック・ゴー (DuckDuckGo)」です。

編集部で暫く使ってみたところ、なかなかどうして素晴らしい結果を得られています。今後は脱グーグルになるかも知れません。

主なポイントを下記に列挙します。

1.ダックダックゴーは個人情報を記録しない

グーグルの場合、勿論良かれと思ってやっているのですが、過去に検索した記録や場所(IPアドレス)などがグーグルのサーバに記録され続けていて、その人に”最適”な検索結果を出すという事になっているのですが、正直のところ大きなお世話で、一般的にどのサイトがマッチするのかという結果を貰えればそれで十分だと思います。ダックダックゴーの検索順位は誰が検索しても同じ順位になるのです。

2.検索速度が速い

グーグルは、検索している人の過去履歴まで考慮して検索結果を表示するので、どうしても遅くなりますが、ダックダックゴーは複雑な履歴処理をしていないので、その分、処理が速いのだと思います。勿論、グーグル検索がそんなに遅いわけではないのですが、僅かな一瞬の差で確実にダックダックゴーの方が速いです。

3.広告を非表示にできる

ダックダックゴーは設定で、広告を非表示にすることも可能です。運営者の財政は大丈夫かと余計な心配をしてしまいますが、とにかく利用者としては有り難い機能です。

4.テーマを変更できる

ダックダックゴーはテーマを変更する事もできます。下サンプルでは、青と緑のテーマにしてみたところ、見慣れているグーグルの検索結果画面に近い表示にできました。

最近、特に日本語のグーグル検索結果の順位がおかしいので、このダックダックゴーと比べてみては如何でしょうか。

ダックダックゴー
https://duckduckgo.com/


港・中央区民に朗報!羽田空港定額タクシーが利用可能に

今まで羽田空港から定額タクシーが利用できず、なにかと割高な料金で不便だった港区と中央区の利用者に朗報です。

UBERが羽田空港定額サービスを開始しました!

港区なら6,100〜7,300円、中央区なら6,800円で利用できます。普通にタクシー利用するより約1割程度安くなるという感じですが、それでも有り難いですね。しかも基本はハイヤー車両ですから。

そもそも羽田空港で客待ちしているタクシー会社は、いまいちクオリティの低さが目に付く会社が多いと実感していました。運良く「大日本帝国(※)」の大手タクシー会社だったら良いけど、そうでない確率の方が高いですし。

UBER定額の乗車位置は下記の通りです。
配車依頼の後、ドライバーの方から電話があった際に乗車位置を伝えてください。

第一旅客ターミナル 到着出口のハイヤー乗り場(0番、19番)
第二旅客ターミナル 到着出口のハイヤー乗り場(1番、19番)
国際線ターミナル 到着出口のタクシー乗り場

Haneda flat rate area_jp

Oakland | Latest News & Stories | Uber Blog
Check out the official blog from Uber to get the latest news, announcements, and things to do in Oakland.

※ 大日本帝国とは、東京都内のタクシー大手4社(大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車)を指します。これらの会社では特に品質の高いタクシーサービスを提供しています。気持ち良くタクシーを利用したい方にお薦めです。


お問い合わせ

BLOGKへのお問い合わせ

[contact-form to=’256128@gmail.com’ subject=’BLOGKのお問い合わせ’][contact-field label=’お名前’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’メールアドレス’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’お問い合わせ内容’ type=’textarea’ required=’1’/][contact-field label=’BLOGKのあなたの感想をお聞かせください’ type=’select’ required=’1′ options=’とても良いです,とても素晴らしいです,とてもかっこいいです,とても美しいです,とても勉強になります,とても助かります’/][/contact-form]


日本郵便がすべての切手を完全シール化すべき理由

アメリカ郵便公社の発行する切手は、100%完全シール化に移行完了しています。
上写真の通り、額面がたとえ1セント切手(約1円切手)であってもです。

一方で、日本郵便はいまだに一部の特殊切手しかシール化していません。
勿論、印刷コストの問題もあるでしょう。現在の水で湿らさなければ貼れない切手の方が、製造コストが安いわけです。

しかし、利用者側からすれば、いちいち切手を貼るたびに切手を湿らせて貼るという手間は省きたいと誰もが考えている筈です。

郵便事業は、実質、日本郵便が独占しているのですから、その利権=権利には当然、義務も表裏一体です。

排他的独占事業を営みながらコストばかり追求するのは如何なものかという事になります。実際、アメリカ合衆国の郵便公社は、コストを受け入れて利用者の利便性を追求しています。

日本は欧米と比較すると10〜20年遅れと言われる分野が多々ありますが、切手の完全シール化も、もう10年以上遅れているので、そろそろ進化して欲しいところです。

日本全国で今日一日だけで切手を湿らすという下らない生産性のロスを考えると、たかがシール化のコストなど如何に軽度かと言う事が理解できると思います。日本の労働生産性の向上の為、是非とも切手の完全シール化を望むところです。

このような小さいひとつひとつの効率化を考えなければ、今、日本が置かれている先進国最悪の労働生産性について問題解決はできません。


新幹線改札機でSuicaを使う方法 (JR東日本)

特急券・グリーン券のみ買えば、乗車券はSuicaで良いです。
この方法はJR東日本の新幹線は大丈夫ですが、JR東海の新幹線では不可能です。
東海道新幹線を利用する場合は、必ず乗車券を買う必要があるので、要注意です(2017年10月実験済)

 


ビットコイン (Bitcoin) とは?を簡単にまとめてみた

果たしてビットコインとは何なのか?ビットコインという単語は今や殆どの人が知っていますが、具体的な内容を知る人はまだまだ少数です。そこで、本稿では初心者向けにビットコインは何なのかを簡潔に箇条書きにしてみました。

  • ビットコインのシステムにセンターサーバは存在せず、P2P技術が使われている。
  • 世界のビットコインの取り引き情報は全て公開されている。
  • ビットコインを日本ではデジタル=バーチャルという安直な発想から仮想通貨と呼ばれる事が多いが、世界的には暗号通貨 (Cryptocurrency) と呼ばれ、取引の際に公開鍵、秘密鍵、電子署名が用いられて成立することがポイントである。
  • ビットコインをやり取りするには「ビットコインアドレス(=公開鍵)」が必要。
  • 公開されている取引情報にはビットコインアドレスも含まれる。ビットコインは匿名性の高いシステムとなっているので、誰が幾らの資産を保有しているかは誰も知り得ない。
  • 誰が幾らの資産を保有しているかを知り得ないので本人の証明は秘密鍵でしか証明できない。秘密鍵を紛失したらビットコインは二度と取り出せない。秘密鍵の紛失=財産の紛失となる。
  • ビットコインアドレスや秘密鍵を管理する為に「ウォレット」が必要となる。ウォレットはスマートフォンアプリ、パソコンアプリ、専用デバイスなど多様な形で存在するし、デジタルだけでなくプリントアウトしたペーパーもウォレットにできる。
  • ウォレットを使うことで、公開鍵、秘密鍵、電子署名などをあまり意識することなく簡単にビットコインの授受ができる。
  • ビットコインにはセンターサーバが無いので、東京証券取引所やニューヨーク証券取引所のような中央で牛耳る取引所も存在しない。
  • つまりビットコインシステムは世界の誰も管理していない。
  • ビットコインを得るには、他人から貰うか取引所などで購入する。
  • ビットコインシステムは誰にも管理されていないので、取引所は誰でも勝手に開設できる。(将来的にどこかの国で法規制される可能性はある)
  • 取引所を誰でも開設できるので、交換レートはそれぞれの取引所でまちまちである。勿論、ある程度の相場感があるので、まともな取引所であれば相場から大きく外れることはない。すなわち取引所の信頼性を見極めることが大事。
  • 取引所が顧客のビットコインを盗難した事件が日本で発生した。原因はビットコインのシステムが脆弱だったのではなく、取引所の経営者が顧客から預かったビットコインを私的流用したものだった。今後も信頼できない他人へ預ければ同様の事件は起こり得る。
  • 当然ながらビットコインを保有しているだけで預金利息がつくわけではない。預金というよりあくまで現金保有に近い。
  • マイニング(ビットコインの取引サーバのひとつとして参加すること)をすることで収入を得ることもできる。但し、今となっては高度な処理能力のハードウェアが必要となってしまったので、オーバークロックマシン製作などの知識が無い人には障壁が高い。
  • マイニングしている人をマイナーと呼び、ビットコインの授受をする都度、手数料が発生しマイナーへ渡される。
  • ビットコイン授受の手数料は基本的には約0.0001BTCだが、一定条件で無料の場合もある。少額の授受は無料にならない。
  • ブロックチェーン技術で取引の確実性を向上させている。
  • 暗号通貨はビットコインの他に様々な種類の通過が世界で流通している。ビットコインは数多くの暗号通貨のうちの一種に過ぎないが、最も流通額が大きい。
  • ビットコインの単位は、BTCと表記される。
  • ビットコインの取引単位は小数点以下でも取引できる。例えば 0.0001 BTC を支払う事も可能。
  • ビットコインの為替相場は、1BTCで約12万8千円となっている。(2017年4月現在)
  • ビットコインは投機対象となっており、2016年8月に100万円で買ったビットコインは200万円に、2012年11月に100万円で買ったなら1億2000万円の価値になっている。
  • ビットコインの発明者は「サトシ・ナカモト」とされているが、これは実名ではなく日本人でさえない可能性もあり、人種、国籍や性別など正体不明となっている。
  • インフレ防止のために発行上限が決まっていて、2,100万 BTC が最大流通量。

以上、如何でしょうか?ぼんやりと全体像がイメージできるようになったと思います。上記のキーワードをもとに更にリサーチをして理解を深めてみるのも面白いかも知れませんね😊


アドセンス広告が社会貢献になる理由

Webサイトにアドセンスなどのバナー広告を貼ることを、ネガティブに捉える人も居ると思うので、そんなことないよという話をします。

世の中は経済で回っています。広告媒体は、ネットだけでなく、新雑ラテと電通で呼んでいたように、ネット以前の時代から新聞、雑誌、ラジオ、テレビ広告から、交通(電車・バス)、ビル看板・ネオンサインなどの屋外広告などあります。

そもそも広告とはなんぞやと言うと、人と人とのマッチングが基本です。BtoCだけでなくBtoBの場合もあるので会社と会社とも言えるとして、会社も結局、会社の中に居る人が動かなけれな何も動かないので結局は人。なので人と人です。

広告媒体は人と人とを繋ぐ為に存在するのだから、媒体を掲載している人は、人と人とを結ぶという貢献をしているわけです。その対価を貰う事に何ら疚しいことはありません。

戦後間もない頃、電車内の広告なんて無かったのです。その後、日本は高度成長期を迎え、必然的に街中の広告も多くなります。電車内の広告もビッシリ埋まってきました。そのうち中吊りまで登場しました。もう電車の車内は鬱陶しいほど広告だらけです。でも、通勤電車で広告が張り巡らされて当然の現代人は、もう見慣れてしまい日常の風景に溶け込んで鬱陶しいと思う事もありません。寧ろ通勤地獄の中、せめて中吊りでも読める事が救いになっていたりさえします。その中で、これはと思う中吊り広告を発見して購買したりする事も多いです。売りたい人と買いたい人を出会わせてあげれたのは広告のお陰です。購入者はその商品・サービスを得て、少しだけ幸せになったでしょう。

広告とは、人をちょっとだけ幸せにするものと考えてみてはどうでしょうか?
なので、どんどんWebサイトには広告を貼ってください。それが人々の幸福に貢献しているわけですから。広告を貼る行為は社会への貢献でもある素晴らしいことなのです。勿論、広告媒体の所有者にも経済効果があるので三方良しで三者全員が幸せなのですから、言う事なしです。